入院病棟案内 外来診療科案内 検査案内 介護保険サービス案内


 昭和62年に、老年精神障害とくに老年痴呆の長期療養型病院としてスタートしました。
しかし、精神症状や問題行動への対応よりも、むしろ痴呆のために合併症が見逃されていて、その治療に多くの時間を費やすような状態でした。そこで、内科的疾患の診断や治療のために平成3年に22床内科を増床して、MRI・その他の設備の充実をはかりました。
 内科は、脳血管障害や慢性疾患の患者さんを対象とした療養型病床群となっています。同時にリハビリテータション科を開設し、各病棟のリハビリ、作業療法に積極的に取り組んでいます。昭和63年には精神科1階40床を痴呆疾患療養病棟として痴呆の軽度〜中程度の患者さんの作業療法や生活訓練に積極的に取り組んでいます。平成12年には、人工透析室を併設して、痴呆症の方や精神疾患があり普通の人工透析科での対応の困難な患者さんの透析ができるようになりました。平成16年6月には、徘徊コールというシステムの導入により病棟の一部を除いてすべて開放化されます。このように老年精神疾患にどのように対応するかを考えて病院は今も進化しております。
霧島桜ヶ丘病院 院長 古 江 増 裕
・理念
   常に笑みを絶やさず、安心感を与え、信頼される老人医療・介護のスペシャリストとして、社会に必要とされる病院を目指します。

・基本方針
  1. 患者さんの尊厳と境遇に配慮し、個性を尊重した思いやりのある対応が出来るように努力します。
  2. 医療・保険・福祉機関及び介護保険事業所との連携を持ち、適切な社会資源を提供します。
  3. 病院設備の充実と自己の知識、技術、態度を磨き、QOLの向上に努めます。
  4. 各種検査・特殊治療機器を広く紹介し、地域に貢献する病院を目指します。
  5. 笑顔での挨拶を心掛け、親しみやすく、明るい職場環境をつくります。
Copyright (C) 桃蹊会 All Rights Reserved.