先月の職場内研修は「ノーリフティングケア」の研修を実施しました。

2021/07/02

先月の職場内研修は「ノーリフティングケア」の研修を実施しました。

霧島青葉園では、数年前から「ノーリフティングケア」に 積極的に取り組んでおり、

腰痛ゼロの職場づくりを目指しております。

    ~ノーリフティングケアとは~

福祉用具を適切に使用することで、介護が必要な方を人の力で

「持ち上げない」「抱え上げない」「引きずらない」ケアのことです。

今回は、特に新入職員によるスライディングボードを使って車椅子から

ベッドへの移乗介助、ベッド上でのスライディンググローブ、スライディングシート等を

使っての体位交換等を実践しました。

スライディングボードは、ベッド・車椅子・ポータブルトイレなど移乗を

介助対象者が座ったままで行うことができる移乗用具です。

立ち上がりが困難な方、方向転換に際にふらつきやすい方、

倒れ込むように着座してしまう方にお勧めの福祉用具です。

スライディングボードを使えば楽に移動できるようになります。

また介助する側にとっても、今まで体を抱えていた動作がなくなるので腰への負担がなくなります。

▲ノーリフティング推進部の中村講師による研修会🙇👋

▲ノーリフティング推進部の中村講師による研修会🙇👋

▲スライディングボードを使って車椅子から ベッドへの移乗介助👋

▲スライディングボードを使って車椅子から ベッドへの移乗介助👋

▲😱😱大丈夫ですよ!・・130キロまでの荷重に耐えられます!楽勝!楽勝!😄😄

▲スライディングシート、グローブを使っての体位交換🤔

▲スライディングシート、グローブを使っての体位交換

▲スライディングシート、グローブを使っての体位交換