★★霧島青葉園ブログ★★

  • HOME
  • ★★霧島青葉園ブログ★★

🍑霧島花桃街道の並木がとても綺麗ですよ〜🍑

2020/04/12

🍑霧島花桃街道の並木がとても綺麗ですよ〜🍑

世の中の話題は新型コロナウイルス一色ですが、たまには気分転換に・・・。

毎日通勤している国道60号線経由で国分〜霧島神宮方面へ向う途中のファミリーマートはとや霧島店と、コメリ霧島神宮駅店付近の反対側の県道475号線川沿いに植えてある約500Mの「花桃」の並木がとても綺麗ですよ〜!👏🍑

毎年、4月上旬~4月末頃迄は、濃ゆいピンク色と白色のコントラストが絶妙です。車窓からこのうえなく美しい景観を楽しめますよ🚙📸
因みに桃の実🍑はなりません🙇それと、私がこの場所を勝手に【霧島花桃街道】と決めました😆

本通りとは反対側なので県外の旅行者の方々は気づかないので勿体無いですね😢こんな隠れスポットを紹介したらどうでしょうか!?

※芝桜は私と同じく、青葉園施設の周りに少し遠慮して綺麗に咲いています😆

【霧島花桃街道】

【青葉園施設の周りに咲く芝桜】

🙇内閣府大臣官房政府広報室より🙇

2020/04/10

🙇内閣府大臣官房政府広報室より🙇

「政府インターネットテレビ」は、総理大臣、内閣の動きおよび政府の重要政策をわかりやすく動画で紹介しているサイトです。

新型コロナウイルスの集団発生防止のため、3つの「密」を避けましょう。
(1)換気の悪い密閉空間
(2)多数が集まる密集場所
(3)間近で会話や発声をする密接場面

政府インターネットテレビはこちら!

https://nettv.gov-online.go.jp/mobile/prg.php?p=20553

😷新型コロナウイルス霧島市男性が感染 県内3例目😷

2020/04/03

🙇鹿児島県は2日夜、霧島市の20代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表しました。(2日現在)

すでに皆様ご承知の通り、新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るい、

遂に日本国内においても感染者数が急激しています。九州でも増加していますので、不要不急の外出を控えましょう。

⭕本人に自覚症状がなくとも、大切な周囲の人を守る意識が大事です。

大変な時期ですが、節度ある行動をもって、皆で感染拡大防止に貢献しましょう😷🙇

MBCニュースをご覧下さい。

📼霧島青葉園 本日のレクレーションはDVD鑑賞をしました📼

2020/04/01

📼 本日のレクレーションはDVD鑑賞をしました📼

最初の予定では、お手玉山落としの予定でしたが、利用者様からこの前のDVDをもう一度見たい!見たい!とリクエストがあり、急遽DVD鑑賞をしました📼😢😢

DVD鑑賞は、昨年度1年間のレクレーションを2巻に収録したものです。既に何回も見られておられますが、本人さんを始め各利用者様の顔が色々出て来るのが面白いそうです🤪😜

写真が変わる度に、みさとちゃん!かずみつちゃん!ロッキー!まことくん!・・・と次々に当てられます!流石に自分の顔が出て来ると、ワッハハ!ワッハハ!と涙流しながら大声で笑い転けておられました🤪😆😄私も、そんな利用者様の顔を見ながら、そんなに可笑しいかな?と思いながらも笑い転けていました😷😆  

短い時間でしたが、利用者様みんな楽しく過ごされたレクレーションとなりました🤪😜

⭕個人情報保護の観点から笑顔をお見せできないのが本当に残念です🙇

※利用者様と職員が一生懸命に作られた4月のカレンダーです😆

♥ありがとう♥ありがとう・・涙が止まらない😭

2020/03/30

♥♥「ありがとう、ありがとう」♥♥

 一人のお母さんから、とても大切なことを教えられた経験があります。  そのお宅の最初に生まれた男の子は、高熱を出し、知的障害を起こしてしまいました。次に生まれた弟が二歳のときです。  ようやく口がきけるようになったその弟がお兄ちゃんに向かって、こう言いました。

 「お兄ちゃんなんてバカじゃないか」

 お母さんは、はっとしました。それだけは言ってほしくなかった言葉だったからです。そのとき、お母さんは、いったんは弟を叱ろうと考えましたが、思いなおしました。  ―――弟にお兄ちゃんをいたわる気持ちが芽生え、育ってくるまで、長い時間がかかるだろうけど、それまで待ってみよう。

 その日から、お母さんは、弟が兄に向かって言った言葉を、自分が耳にした限り、毎日克明にノートにつけていきました。  そして一年たち、二年たち・・・しかし、相変わらず弟は、「お兄ちゃんのバカ」としか言いません。  お母さんはなんべんも諦めかけ、叱って、無理やり弟の態度を改めさせようとしました。しかし、もう少し、もう少し・・・と、根気よくノートをつけ続けました。

 弟が幼稚園に入った年の七夕の日、偶然、近所の子どもや親戚の人たちが家に集まりました。人があまりたくさん来たために興奮したのか、お兄ちゃんがみんなの頭をボカボカとぶちはじめました。

 みんなは 「やめなさい」 と言いたかったのですが、そういう子であることを知っていましたから、言い出しかねていました。  そのとき、弟が飛び出してきて、お兄ちゃんに向かって言いました。  「お兄ちゃん、ぶつならぼくだけぶってちょうだい。ぼく、痛いって言わないよ」  お母さんは長いこと、その言葉を待っていました。

その晩、お母さんはノートに書きました。  「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・」  ほとんど無意識のうちに、ノートの終わりのページまで鉛筆でぎっしり、「ありがとう」を書き連ねました。

人間が本当に感動したときの言葉は、こういうものです。

 やがて弟は小学校に入学しました。入学式の日、教室で初めて席が決められました。ところが弟の隣に、小児マヒで左腕が不自由な子が座りました。  お母さんの心は動揺しました。家ではお兄ちゃん、学校ではこの友だちでは、幼い子に精神的負担が大きすぎるのではないかと思ったからです。

 その夜、ご主人と朝まで相談しました。家を引っ越そうか、弟を転校させようかとまで考えたそうです。  結局、しばらく様子を見てから決めようということになりました。

 学校で最初の体育の様子を見てから決めようということになりました。  学校で最初の体育の時間のことです。受持ちの先生は、手の不自由な子が体操着に着替えるのを放っておきました。手伝うのは簡単ですが、それより、一人でやらせたほうがその子のためになると考えたからです。

 その子は生まれて初めて、やっと右手だけで体操着に着替えましたが、そのとき、体育の時間はすでに三十分も過ぎていました。  二度目の体育の時間のときも、先生は放っておきました。すると、この前は三十分もかかったのに、この日はわずかな休み時間のあいだにちゃんと着替えて、校庭にみんなと一緒に並んでいたのです。

 どうしたのかなと思い、次の体育の時間の前、先生は柱の陰からそっと、その子の様子をうかがいました。  すると、どうでしょう。前の時間が終わるや、あの弟が、まず自分の服を大急ぎで着替えてから、手の不自由な隣の席の子の着替えを手伝いはじめたのです。  手が動かない子に体操着の袖を通してやるのは、お母さんでもけっこうむずかしいものです。それを、小学校に入ったばかりの子が一生懸命手伝ってやって、二人ともちゃんと着替えてから、そろって校庭に駆け出していったのです。

 そのとき、先生は、よほどこの弟をほめてやろうと思いましたが、ほめたら、「先生からほめられたからやるんだ」というようになり、かえって自発性をこわす結果になると考え、心を鬼にして黙っていました。  それからもずっと、手の不自由な子が体育の時間に遅れたことはありませんでした。

 そして、偶然ながら、また七夕の日の出来事です。授業参観をかねた初めての父母会が開かれました。  それより前、先生は子どもたちに、短冊に願いごとを書かせ、教室に持ち込んだ笹に下げさせておきました。それを、お母さんが集まったところで、先生は一枚一枚、読んでいきました。

 「おもちゃがほしい」、「おこづかいをもっとほしい」、「じてんしゃをかってほしい」・・・。  そんないかにも子どもらしい願いごとが続きます。それを先生はずっと読んでいくうちに、こんな言葉に出会いました。

 「かみさま、ぼくのとなりの子のうでを、はやくなおしてあげてくださいね」  言うまでもなく、あの弟が書いたものでした。先生はその一途な願いごとを読むと、もう我慢ができなくなって、体育の時間のことを、お母さんたちに話して聞かせました。

 小児マヒの子のお母さんは、我が子が教室でどんなに不自由しているだろうと思うと気がひけて、教室に入ることもできず、廊下からそっとなかの様子をうかがっていました。  しかし、先生のその話を聞いたとたん、廊下から教室に飛び込んできて、床に座り込み、この弟の首にしがみつき、涙を流し、頬ずりしながら絶叫しました。

 「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・・」 その声がいつまでも学校中に響きました。 

出典元(「続 気くばりのすすめ」鈴木 健二 著 講談社文庫より )